エレコム iPhone8 ケース 落下防止べうと付き PM-A17MPLOBNV

ELECOM iPhone8(2017)向けに発売された、落下防止バンド・リング付きケースです。
iPhone8向けですが、ほとんど形が変わっていないため、iPhone7への利用もできます。

こちらのケースも、TC JOYの強化ガラス保護フィルムと同様、同タイプのケース3つ目です。
良いと思ったものは使い続けるタイプです。

iPhoneの前は、ずーーーとシャープのガラケ・スマホを使い続けていました。
車も、同じ車種を3回乗っています。

iPhone8向けに発売されたケースです。

基本的には、iPhone7用と変わらず、カードポケット・落下防止バンド付き・スタンド機能付き・落下を防止するフィンガーリング付きです。

今回は、iPhone8ではなくiPhone7に利用します。

なぜ敢えて、iPhone7用ではなくiPhone8用を選んだかというとこのフィンガーリングのついているベルトが長くなっていたからです。

ほかのケース同様、レザーですが乾燥剤が入っています。

このタイプのケースを私が選ぶのは、内側までレザーと布でできているからです。
内側がプラスチックですと、本体に傷がつきます。

なんとなく、今回はハズレ?レザーの加工が雑な感じがします。

気になったのは、スリープボタン部分が抉られたところです。
iPhone8も大きく変わってはいないのですが、操作性を重視させるためでしょうか??

マナーモードスイッチの穴は変わっていませんが、音量ボタンの形状が少し変わりました。
切り込みが入り、操作性は上がった気がします。

横から。

内側のロゴ。

長さが長くなった、落下防止バンド。

マナーモードスイッチの所の、くぼみ・シワも雑さが伝わってきます。

カメラ部分です。

iPhone7(PRODUCT)REDに装着したところです。

せっかくの赤ですが、見えるのはチラッとなってしまいました。
個人的に、赤とネイビーは相性がいい色だと思っていましたが、微妙ですf^-^;

スリープボタンは、確かに押しやすくなりましたが、デザイン的には残念です。

iPhone7用では、音量ボタンが凸と膨らんでいましたが、切込みになりスッキリしました。
マナーモードスイッチは、穴の中央に来ません。
iPhone8だと中心になるでしょうか??

TC JOYの強化ガラス保護フィルムとの相性もバッチリです。

カメラ部分もピッタリです。赤ボディが覗いています。

フィンガーストラップは、寝るときにベッドにぶら下げるのに便利です。

当然外では、このように指を入れて安心感がグッとアップ。
この安心感、一度使うとないと不安になってしまいます。

ベルト部分が長くなったので、今までは指2~3本がちょうどよかったですが今回は4本入れることができます。

このベルトは、スタンドにもなります。

このくらいの角度でアイフォンを横向きに立てることができこれもまた重宝しています。

カードも入れることができます。

昔は、ケータイにカードを近づけると磁気が飛んでしまうとか言われてましたが今は大丈夫なんですね。
ただ、マグネット式の手帳型ケースはマグネットがついているので注意が必要みたいです。

左から、iPhone6用(ブラウン)・iPhone7用(ブラック)・iPhone8用(ネイビー)。
iPhone7と8は互換性があるようで、今回とは逆のiPhone7用でiPhone8に使うこともできます。

フィンガーリングの位置が変わっています。

裏から見ると、これだけ長さが違います。

下側。
微妙に形が変わっているのがわかります。

音量ボタン側。

上から。

スリープボタン側。ん~、大きな切込みが残念です。

iPhone8

iPhone7

iPhoneX

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です